シャンプーの種類

シャンプーの種類

『高級アルコール系』

高級というのは価格ではなく、泡立ちが良くなる炭素数を表しています。
一般的な市販シャンプーによく用いられます。

メリット

市販のシャンプーを使っている人が多いと思いますが、高級アルコール系の活性剤は泡立ちの良さと強い洗浄力、また安価で安定的に大量生産しやすいとい うことで多くのメーカーに使われていて、スーパーやドラッグストアなど安価で手に入りやすいというメリットがあります。

デメリット

刺激が強いため敏感肌やアレルギー、アトピー、湿疹などがある人には肌トラブルやかゆみ、ヒリヒリするなどの症状が出ることがあります。
カラーやパーマなども落ちやすいというデメリットもあります。

髪が傷んでいる、肌トラブルが心配、ギシギシする、思った通りに改善しない、という時はシャンプーの種類を変えてみると良いかもしれません。

『石けん系』

アルカリ(俗にいう石けん)と酸性(石けんの改良型)があります。

メリット

酸性はアルカリより刺激が弱く、洗浄力もあるのでオイリーな人には良いかもしれません。

デメリット

使い続けるとアルカリ性に傾いてしまい、髪がゴワつく可能性があります。
トリートメントでケアするか、ポイント使いにすると良いでしょう。

『アミノ酸系』

最近、人気の髪に良いシャンプーに含まれる成分。
原料が希少でやや高価。

メリット

身体にもともとある成分なので髪や地肌へ の刺激がほとんどないため、敏感肌や乾燥肌、アレルギーやアトピーの人に向いています。
洗浄力が優しいのでカラーやパーマの持ちも良くなります。

デメリット

洗浄力が弱いため、オイリータイプだと物足りなく感じるかもしれません。
その際は二度洗いをおすすします。

>>アミノ酸シャンプーがおすすめな理由

覚えておきたい!表示名

複雑な成分名が多いですが、この出だしを覚えればシャンプー選びの参考になると思います。
今使っているものの成分表示で確認してみましょう。

高級アルコール系:

ラウレス硫酸~、ラウリル硫酸~

石けん系:

オレイン酸Na、ラウレス-3酢酸Na

アミノ酸系:

ココイル~、ラウロイル~

この他にもコカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ラウラミドプロピル、ベタイン、ラウリミノジプロピオン酸Na、PEG3-ヤシ油脂肪酸、アミドMEA硫酸Naなども髪に優しいシャンプー成分なので、シャンプー選びの候補にすると良いかもしれません(*・∀・*)

髪に良いシャンプーを使いたいなら、ア ミノ酸系のように優しい洗浄成分で肌やに優しいものを選べば、間違いがないのではないのでしょうか。

私も実際に使い続けて髪のきしみやゴワつき、ツヤやコシが日に日に良くなっているのを感じますし、周りの人からも、「髪キレイだね」って声を掛けていただくことが増えました^^
多少高くてもいいものを使えば髪も応えてくれるんですよね^^

 

緑 チェック!

洗浄成分にアミノ酸を使ったシャンプーが、髪に一番良いシャンプーです。

>>私が気に入ってるアミノ酸シャンプーの体験レビュー

 

 

 

 

 

 

コメントを残す