正しいドライヤーの乾かし方

正しいドライヤーの乾かし方を知らないと、熱によって髪を傷める原因になってしまうことがあります。正しいドライヤーの使い方や、髪に優しいドライヤーの選び方をご紹介します。

一般的に売りだされているものは大体120~140度の熱風が出るようになっています。
髪だと熱さを感じませんが、同じ様に手などに当て続けたら・・・

『あっつヽ( ゜д゜ ;)ノ!!』

となりますよね( ;・∀・)!?

同じ所に当て続けると髪がヤケド状態になってしまい、髪が傷み、パサつき、乾燥し、広がったりしてしまいます。

これは髪の主成分であるタンパク質(ケラチン)が60度以上になると熱変性して傷んでしまうからだそうです。

そのため、ドライヤーを使う時は短時間に済ませる、同じ所に当て続けないように常に動かしておくことがポイントとなります。

 

ドライヤー時の大事なポイント~

まず、基本は頭皮を乾かすということ。
根元が乾いていないとセットしても崩れたり、痒みや臭いの素となります。

 

乾かす時は片手にドライヤー、もう一つの手は髪を動かすようにして両手を上手に使いましょう。
ドライヤーは頭から15~20cm程度離し、両手とも常に動かして同じ所ばかりに当たらないようにします。

 

髪の毛は8割程度温風で乾かし、あとは冷風に切り替えます。

傷みが気になる人はタオルドライの後、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)などをつかい、髪を保護しましょう。

 

乾かす方法

時間を短縮するためにタオルドライをしっかり行う

ここでしっかりと水気をとっておくとドライヤー時間を短縮できるので、熱風によるダメージが軽減できます。
吸収性の高い乾いた清潔なタオルで地肌の水気を軽く叩くようにとります。

髪が長い場合はタオルで挟んで押さえると良いでしょう。

この時に決して地肌や髪の毛をこすったりしないように!
摩擦で傷んだり切れたりしてダメージを与えてしまいます。

 

長さがあるなら髪を上下半分程度にブロッキングする

分けないと上ばかり熱があたって傷んでしまうので、まずは襟足や首周りの方から乾かし、乾いたら上の髪をまた下ろして乾かします。

頭皮を乾かしやすいように分け目を変えながら乾かすと早く乾きます。

 

頭皮が乾いたら好みのスタイリングにする

髪は冷えた時にセットされるので内巻きにブローしたいなら、ロールブラシで内側に巻いて温風を少し当て、冷風に切り替えるか触って冷めるまでそのままにして冷えたらブラシを外せばOK!

ここまで8割の乾き状態で行い、最後に冷風に設定し、髪をクールダウンさせます。
そうすることによって温まって開いたキューティクルが閉じ、ツヤが出てきます☆

乾かす方向ですが、ボリュームを出したいなら首元から、広がりを抑えたいなら頭上からドライヤーをかけると良いでしょう。

 

最初にお話したように一般的なドライヤーは120℃以上の熱風で乾かします。
これは髪にとっては良いとはいえません。

良いドライヤーは熱が60℃程度で風力が強いものです。
低温でも風力があればしっかり乾きますし、ダメージも少ないので上手くドライヤーを使えないという人にも良いようです。

ヘアモデルさんも使っている低温トリートメントドライヤー

髪にやさしい低温ドライヤー

 

 

 

コメントを残す