髪に良いシャンプーの仕方

髪にとって良いシャンプーの仕方って自分でちゃんとやっているようで、意外と間違っていることが多いんですって。
髪を洗うと言っても、実はちゃんと洗わないといけないのは頭皮なんです!

髪に良いシャンプーの仕方

シャンプーをする前に、まずはお風呂に入る前のブラッシングが大切。

洗髪前にブラッシングをすることで
髪の毛に付いたホコリが落ちたり頭皮の汚れを浮かせる
ことができます。

絡んだ髪もとかすことによって摩擦がなくなるので、髪が傷む原因も軽減できます。

 

とかす時は毛先からほぐすように行い、真ん中、上からと少しずつとかして切れ毛なども防ぎ、一方向だけでなく下を向いてうなじから頭頂部へといろんな角度から行うと血流も良くなります。

髪を洗う時は下を向いて行う人も多いですが、キューティクルの向きに合わせて上向きに行うのがベストです。

シャンプーの仕方

シャワーの温度は38度程度、高くても40度までの熱くない温度にしましょう。

男性と女性の体質や髪質など違いはありますが、基本的なスカルプケア(頭皮マッサージ)やシャンプー方法は一緒です。

 

1.最初にお湯で予洗いする

シャワーで上から流しながら軽くすすぎます。
この時に手の平にお湯を溜めて地肌にもしっかりお湯が当たるようにします。
この予洗いでだいたい8割の汚れが落とせます。

特に整髪料などを着けている人はしっかりここですすぎましょう。

 

2.シャンプーで洗う

ハーブガーデンシャンプーテクスチャー

適量(ミディアムヘアでワンプッシュ[小さじ1程度]が基準)を手に取りなじませたり、泡立ててから頭皮の数カ所にシャンプー液を置いてから洗います。(まんべんなくシャン プー液がつき、汚れも落ちやすくなります。)
洗うのは頭皮なので頭皮の汚れを落とすように頭全体につけましょう。

ここで注意したいのは、痒くても爪を立てたり強くこすらないこと!
頭皮に傷がつき、かぶれや抜け毛の原因になります。

スカルプケアとして指の腹で汚れや皮脂の詰まった地肌を動かすように洗います。

生え際から頭頂部など方向を変えると汚れが揉み出され、地肌の血行も促進するので抜け毛や薄毛を防ぎ、頭皮環境を整え、これから生まれてくる良い髪の毛が出やすくなります。

髪の毛は最後に残った泡で撫でる程度で大丈夫です。

 

3.すすぎ

すすぎは洗った時間と同じ、もしくはそれ以上の時間をかけてしっかりすすぎます。
せっかく洗ったのにちゃんとすすげていないと痒みやフケの原因になりますし、洗った意味がありません。

 

4.すすぎ終わったら水滴が垂れない程度まで水気を取ります。

☑これをしないとこの後のリンスやコンディショナー、トリートメントなどの効果が半減します。

どれを選ぶかは髪の傷みによって違いますが、リンスコンディショナートリートメントの順で効果が高いです。

リンスなどを手に取り(ミディアムヘアでさくらんぼ大くらいが基準)、手で温めながら毛先から手ぐしで梳かすようにつけていきます。

 

その後、手にある分で真ん中辺りからまたつけますが、地肌近くにはつけないこと!

地肌につくとその成分が毛穴に詰まってしまったり、髪がベタッとなる原因に。

5.手である程度つけたら、目の粗いクシで梳かし、まんべんなく行き渡らせる。

ロングなど毛先の傷みが気になるなら、軽く揉み込んでください。

6.蒸しタオルまたはシャワーキャップで髪を包んで3~5分程度置き、髪に浸透させます。

蒸しタオルは熱めのお湯でタオルを濡らし、しっかり絞ったものを使いましょう。

7.最後のすすぎはせっかくの効果が弱くならないようにほどほどに。

生え際などのヌルつきが無くなって、髪がしっとりしている程度で止めましょう。

8.水気をざっくり手で切って、タオルで水気を取ります。

この時に決してこすらないこと。摩擦で髪が傷みます。
トップはタオルで揉むようにし、毛先はタオルで挟むようにして水気を切ります。

タオルドライをしっかり行うと、その後のドライヤーの時間が短縮されるので、熱による髪へのダメージを軽減できます。

頭皮をきちんと洗うことが大事

 髪を綺麗にしたい

 傷んだ髪をなんとかしたい

 パサつく髪をしっとりさせたい

 抜け毛や薄毛が気になる

そんな髪の悩みには、髪に良いシャンプーやトリートメントが大切ですが、グノシーやyoutube、雑誌で繰り返し特集されているように、ヘアケアには頭皮をきちんと洗うということも重要なんです。

きちんと洗っているつもりでも実は自己流になっていたり、逆に髪や地肌を傷めていることもありますので、この機会に正しいシャンプーの仕方を身につけて自宅で毎日行うセルフケアに取り入れましょう!

寝ぐせ直しや、目覚ましなどのために朝シャンをする人がいますが、日中外気や汗などで汚れた頭皮のまま寝るのはNG。

毛穴に汚れが詰まってしまいますので、出来れば夜シャンをおすすめします。

どうしても朝お風呂に入るなら、髪は洗わないか、夜しっかり洗って朝は軽めにしておきましょう。

 

髪に良いシャンプーを使うことで、頭皮と髪をケアしましょう♪

>>髪に良いシャンプーランキングはこちら

 

 

 

 

 

コメントを残す